志望動機、転職・就職の履歴書などのコラム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志望動機って
志望動機というものは大きく四つに分かれるという、ひとつは業界についての動機、なぜこの業界を選んだのかということだ。次に、なぜこの会社を選んだのかということ。そして、なぜその仕事がやりたいのか。さらに、もっと細かくどんな企画がやりたいかということ。この大中小、細小の四つのテーマについてあらかじめじっくり考えてから、志望動機の執筆や面接に臨むべきだろう。ノート一冊分ぐらい頑張って書いてみるのもいい。こういった自主性は、近年、公務員にも求められるようになってきているようだ。
よくない志望動機とは、いっけんもっともらしいことが書いてあるが、どっかの例文からひっぱってきたようなのがあきらかな志望動機だ。少しくらい言葉が足りなくてもオリジナルの方が、好感が持たれるのは疑いがない。やはり自分の言葉で語るというのが、志望動機の極意のように思われる。
スポンサーサイト

テーマ:転職 - ジャンル:就職・お仕事

履歴書に志望動機を書く
履歴書に志望動機を書くときは、まず、熱意が大切。なぜその会社に入りたいと思ったのか、ハッキリしておくべきだ。よく間違いを犯しやすいのが、相手の会社のことについてしゃべり過ぎることだ。採用する会社は、自分の会社や業界のことなどの知識は、あなたの比ではない。いちばん知りたいのは、あなたのことなのだ。ありきたりな志望動機もだめ。オリジナリティをだそう。あなたでなければ、しゃべれないことを話し、書けないことを履歴書に記そう。よくありがちなコメントなどは、むしろ書かない方がいい。あと、入社後のイメージトレーニングをしておいて、それを志望動機で描写しましょう。相手もあなたが実際に活躍する姿をイメージすることができます。こいつは使えるなと思われたらしめたものです。志望動機は、たくさん書くのもひとつの手です。それだけでライバルを出し抜くことだってできるのです。何度も書き直して、履歴書の志望動機をどんどん熟成させていきましょう。うなぎ屋のタレのように。
[履歴書に志望動機を書く]の続きを読む

テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。