志望動機、転職・就職の履歴書などのコラム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履歴書に志望動機を書く
履歴書に志望動機を書くときは、まず、熱意が大切。なぜその会社に入りたいと思ったのか、ハッキリしておくべきだ。よく間違いを犯しやすいのが、相手の会社のことについてしゃべり過ぎることだ。採用する会社は、自分の会社や業界のことなどの知識は、あなたの比ではない。いちばん知りたいのは、あなたのことなのだ。ありきたりな志望動機もだめ。オリジナリティをだそう。あなたでなければ、しゃべれないことを話し、書けないことを履歴書に記そう。よくありがちなコメントなどは、むしろ書かない方がいい。あと、入社後のイメージトレーニングをしておいて、それを志望動機で描写しましょう。相手もあなたが実際に活躍する姿をイメージすることができます。こいつは使えるなと思われたらしめたものです。志望動機は、たくさん書くのもひとつの手です。それだけでライバルを出し抜くことだってできるのです。何度も書き直して、履歴書の志望動機をどんどん熟成させていきましょう。うなぎ屋のタレのように。
ひとんちなのに/DEAR/とDON底、悲しみの履歴書/苦戦/学園物語/パイオニア/ランチタイムに新しい仲間が来て/「魔女の履歴書裁判」こう/ごほうび♪/内職は肉体労働よりキツイ/離婚します。/あ~/街で見かけた有名人/吸い込まれそうな青空の下の/欲しがりません勝つまでは/早いなぁ。/今日は散々な日/ちょっと気になったんですが/20周年
スポンサーサイト

テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。